アジア

【カンボジアの秘境】美しすぎるロン島での最高の過ごし方まとめ!行き方やおすすめのホテルも紹介

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

カンボジアには、まだあまり知られていない”ロン島”という美しい島があるのをご存知ですか?

白い砂浜に透き通る海、綺麗な朝日や夕日が見られる楽園のような島です。

この記事では、ロン島への行き方やおすすめのホテル、島での最高の過ごし方についてまとめました。

ロン島に行くなら、空港ラウンジと海外旅行保険が付いてくる楽天プレミアムカードが便利です!私も6年愛用しているので詳細をチェックしてみて!↓

カンボジアの秘境”ロン島”

ロン島は、タイやマレーシアなどの有名な島々とは違いまだあまり知られていない超穴場スポット!

まずは、そんなロン島への行き方とおすすめのホテルを紹介します。

行き方

ロン島へは、カンボジアの首都プノンペンから”シアヌークビル”というビーチリゾートの街へ行き、そこからボートに乗る必要があります。

プノンペン→シアヌークビル
・飛行機で約1時間
・バスで約4時間

シアヌークビル→ロン島
・スピードボートで約40分
・フェリーで約2時間

シアヌークビルに着いたら、”セレンディピティビーチ”にフェリーターミナルがあるので、そこからロン島行きのボートに乗りましょう。

おすすめのホテル

時間がある人は、シアヌークビルで一泊してからロン島に向かうと余裕のある旅ができます。

ここでは、シアヌークビルとロン島のおすすめのホテルを1つずつ紹介します。

シアヌークビルの宿

シアヌークビルおすすめの宿が「ワンダーツ シアヌークビル」

部屋は清潔でスタッフも親切、またホステル内にプールやおしゃれな共有スペースがあり、とても快適に過ごすことができます。

シアヌークビルのホテル

Booking.comで「Onederz Sihanoukville(ワンダーツ シアヌークビル)」のホテルをみてみる

ロン島の宿

ロン島おすすめの宿が「ソック ヘン ゲストハウス」

部屋はそれほど広くないですが、ビーチへは3分ほどのロケーションで料金も安いです。

ビーチに近すぎないため、静かに眠れるのも良いポイントです。

ロン島のホテル

Booking.comで「Sok Heng Guesthouse(ソック ヘン ゲストハウス)」のホテルをみてみる

ロン島での最高の過ごし方

それでは、美しすぎる島”ロン島”での最高の過ごし方を紹介します!

島のビーチを楽しもう

ロン島のビーチ

まずは島のビーチを楽しみましょう!

シアヌークビルからのボートが発着する”トーイビーチ”が島のメインビーチです。

白くさらさらした砂浜と透明度の高い海が魅力。

ロン島の海

ロン島はフルムーンパーティーが開催されるなど、パーティーアイランドとしても有名。

たしかにトーイビーチ沿いにはいくつものレストランやバーがあり、昼間からお酒を楽しんでいる人もいました。

しかし基本的にはゆったりとした時間が過ごせる島。

ビーチにはいくつかの小舟が停まっていたり、地元の子供たちが遊んでいたりと、いわゆるリゾートビーチのような賑やかな雰囲気ではありません。

ロン島のビーチで遊ぶ子供たち

砂浜でヨガや瞑想をしている人、本を読んでいる人、海でシュノーケルを楽しんでいる人などさまざま。

日常を忘れ、美しいビーチで自由な時間を過ごしましょう。

島を満喫できるツアーに参加しよう

ロン島に来たら、ぜひ参加したいのが島を満喫できるツアー!

最も人気のツアーが、シュノーケルと釣りを楽しんだ後、島の北側にあるロングビーチに行くもの。

トーイビーチ沿いにいくつかのツアー会社があるので、そこで申し込みをして参加しましょう。

とむの+α旅情報

その他のツアーとしては、海で光るプランクトンを見に行くものが人気のよう。また料金は、いくつかのツアー会社を見て回りましたがどこも同じでした。島の中で同じ料金にするルールがあるのかもしれません。

ロン島のツアーのボート

ツアーは、写真右奥の緑のボートに乗って出発!

ロン島のツアーのシュノーケル

ボートで沖に出ると、まずはシュノーケルのポイントへ

実際のシュノーケルでは、ニモ(カクレクマノミ)のようなカラフルな魚はいませんでしたが、それでもたくさんの魚を見る事ができました。

シュノーケルの後は魚釣り。

しかし釣りといっても釣竿は使わず、釣り糸とそれを巻く簡易な道具を使うもの。

はじめはこんな道具だけで釣れるのかな?と思いましたが、意外や意外!結構釣れます。

そして釣れた魚は、その場で焼いて食べる事ができる!

ロン島のツアーで取れた魚

その後は、島の北側にあるロングビーチへ。

名前の通りとても長ーいビーチ。

ここにはレストランやバーなどの店がないため、メインのトーイビーチよりもさらに静かで落ち着いた雰囲気です。

ロン島のロングビーチ

トーイビーチでも十分楽しめますが、もっとゆったりとした時間が過ごしたい人は、こちらのロングビーチに行くことをおすすめします。

とむの+α旅情報

ツアーに参加せずロングビーチだけに行きたいという人は、タクシーで行く事ができます。
タクシーはツアー会社で手配してくれるので、スタッフに声をかけてみてください。

海が見渡せるスカイバーでひと休み

島にはいくつものおしゃれなレストランやバーがあるのですが、その中でもおすすめなのが「スカイバー」

スカイバーは名前の通り少し高いところにあるので、いくつかの階段を上った先にあります。

バーからは美しい島の海を見渡す事ができて、雰囲気は抜群!


食事はハンバーガーやナチョスの他、ビーガン向けのサラダやお寿司などメニューも豊富です。

ドリンクメニューもおしゃれなものが多く、南国のフルーツを使ったカクテルなど、ついつい頼みすぎてしまいます。

ロン島のスカイバー

またここには、自由に使えるボードゲームも置いてあるので、カップルや友達などと楽しい時間を過ごしてください。

ロン島の朝日・夕日をみて感動

ロン島で外せないのが、美しい朝日と夕日をみること。

ロン島の朝日
ロン島の朝日
ロン島の夕日
ロン島の夕日

この島では、他では見たことがないほど空が鮮やかな色に変わります。

朝日はトーイビーチから、夕日はロングビーチから見るのがおすすめ。

朝日を見るには少し早起きをしないといけませんが、旅の思い出にぜひ!

カンボジアの秘境ロン島で最高のひと時を過ごそう

いかがでしたか?

今回は、ロン島での最高の過ごし方についてまとめました。

まだまだ知っている人が少ない穴場スポットなので、有名になる前に訪れてみてはいかがでしょうか?

ロン島に行くなら、空港ラウンジと海外旅行保険が付いてくる楽天プレミアムカードが便利でおすすめです!私は6年愛用しています↓