アジア

【チェンライ観光】ホワイトテンプルVSブルーテンプル!おすすめはどっち?行き方なども紹介

みなさんはタイのチェンライにある2つの寺院、ホワイトテンプルとブルーテンプルを知っていますか?

どちらも他ではなかなか見ることのできない、とっても魅力的なお寺!

この記事では2つの寺院への行き方や実際の様子、またどちらがおすすめなのかについてもお伝えします。

それでは、どうぞ〜

チェンライ観光に欠かせないホワイトテンプルとブルーテンプル

タイの最北に位置するチェンライ。

ここにはチェンライ観光に欠かせない2つのお寺があります!

ホワイトテンプルと呼ばれるワット・ロンクン

タイのアーティスト、チャルーンチャイ・コーシピパットさんが1997年に手掛けたワット・ロンクン

建物全体が真っ白なことから”ホワイトテンプル”と呼ばれている。

ホワイトテンプルの本堂

ブルーテンプルと呼ばれるワット・ロンスアテン

ホワイトテンプルを手掛けたチャルーンチャイさんの弟子であるスラーノックさんによって建築されたワット・ロンスアテン

こちらは青を基調としたデザインから”ブルーテンプル”と呼ばれている。

ブルーテンプルの本堂

タイ国内には数え切れないほどの寺院がありますが、この2つはその中でもかなり個性的なお寺です。

それぞれ師匠と弟子がデザインしたというのも面白いですよね!

子弟対決!勝つのは(おすすめなのは)どっち?

ホワイトテンプル(ワット・ロンクン)

行き方は?

ホワイトテンプルは、チェンライの中心部から南へ約13kmのところにあります。

トゥクトゥクやタクシーでも行けますが、おすすめの行き方はバス。

まずチェンライ中心部にあるバスターミナル1へ。

そこにホワイトテンプル行きの青いバスが停まっているので(看板があるのですぐに分かります)それに乗るだけ!

所要時間は約30分。料金は20Bです。

降車場所はホワイトテンプルから少し離れたところですが、降りる人のほとんどがホワイトテンプルへ行くので、周りの人についていきましょう。

実際の様子

寺院の敷地内に入ると、まず地獄の入り口のような看板がお出迎えしてくれます。

この時点で、え?ここ本当にお寺?と驚きました。

ホワイトテンプルの入り口

そして真っ白に輝く寺院が現れます。美しい!

ホワイトテンプルの本堂

本堂へ続く道を進みましょう。注目はその両脇にあるオブジェたち。

ホワイトテンプルの本堂

地獄から伸びるたくさんの手…

ホワイトテンプルの地獄から伸びる手

苦しむ顔…

ホワイトテンプルの装飾

これは…なんでしょう?

ホワイトテンプルのデザイン

そして本堂の中へ。

ホワイトテンプルの本堂

本堂内は写真撮影が禁止となっています。

中の様子を少し説明すると、まさかの世界中の有名なキャラクターたちが仏教の世界観とともに壁に描かれている!※現在は変わっているそうです

本堂から出ると、天井が神秘的なデザインの通路に。

太陽の光に反射してキラキラと美しい。

ホワイトテンプルの装飾

また、このような絵馬のようなものも。

この不思議なお寺で何をお願いしたのでしょうか?

ホワイトテンプルの装飾

寺院の敷地はとても広く、ここで紹介した以外にも建物やオブジェがたくさんあるので、ゆっくり周れば1〜2時間は楽しめるスポットです。

真っ白で美しいけれど、不気味さを感じるようなデザインも多く、なかなか衝撃的なお寺でした

ブルーテンプル(ワット・ロンスアテン)

行き方は?

ブルーテンプルはチェンライの中心部から北へ3kmほどのところにあります。

街の中心部から歩いて行くこともできますが、おすすめの行き方はトゥクトゥク。

中心部の道沿いにはトゥクトゥクがいくつも停まっているので、運転手さんに「ブルーテンプル」と声を掛ければ連れて行ってくれます。

所要時間は約10分。値段は交渉次第ですが50Bほどです。

実際の様子

敷地内に入るとまず、本堂前の噴水が目を引きます。

ブルーテンプルの噴水

青を基調とした色合いの力強いデザイン!

ブルーテンプルの装飾

そして本堂へ…

ブルーテンプルの本堂

鮮やかなブルーの中で神々しく輝く仏像。

ブルーテンプルの本堂

そして天井や壁がものすごく素敵!

エキゾチックなデザインと絶妙な色使いがたまらない。

ブルーテンプルの本堂

装飾もとても凝ってあり、見ていて全然飽きません。

1つ1つじっくり見ていると時間を忘れてしまいます。

ブルーテンプルの装飾

本堂の裏側も鮮やかな青。

ブルーテンプルの裏側

ブルーテンプルの裏側

こちらの寺院はそれほど広くありませんが、とにかくデザインと色合いが凝っています。じっくり見ながら写真を撮って周ると1時間くらいは楽しめると思います。

本堂の中は吸い込まれそうなほど美しく、とても神秘的な場所でした!

ホワイトテンプルVSブルーテンプル どっちがおすすめ?

さて、ホワイトテンプルとブルーテンプルどちらがおすすめかというと…

どっちも!
時間があれば2つとも行ってください!

すみません、どちらも魅力的で選べませんでした。(笑)

しかし、どうしても時間がなくて1つしか行けない人は…

  1. テーマパークのような寺院に行きたい→ホワイトテンプル
  2. デザインが美しい寺院に行きたい→ブルーテンプル

チェンライ観光はぜひ、個性的な2つの寺院をお見逃しなく。