アジア

【必見】タイのおすすめ料理をリピーターが8つ紹介!辛さは?パクチーは入ってる?

皆さんはタイ料理と聞くと、どんなイメージがありますか?

「なんだか辛そう…」
「パクチーが入っていて食べられなさそう…」

このような人が多いのではないでしょうか。

タイに6回行ったことがあるタイリピーターの私ですが、実は私も辛いものは得意じゃないしパクチーも苦手。しかしタイ料理は大好きです!

タイで色々な料理を食べてみて感じたことは、実は辛くないもの、パクチーが入っていないものがたくさんあります。

この記事では、おすすめのタイ料理を8つ紹介しながら、それぞれの辛さとパクチーが入っているかどうかについてもお伝えしていきます。

それでは、どうぞ〜

パッタイ

パッタイ

米粉でつくったモチモチの平打ち麺を鶏肉やエビ、もやしなどと炒め、甘酸っぱいソースで絡めた”タイ風焼きそば”

  • 辛さ:全然辛くない
  • パクチー:入っていない

個人的におすすめのタイ料理NO1!

全然辛くないし、むしろ甘いくらいです。
日本人の口にも合いやすい料理だと思います。

パクチーは、私は入っているのをみたことがないのですが、飾り程度に入れるお店もあるようです。

ガパオライス

ガパオライス

挽き肉とバジルなどを甘辛いソースで炒め、それをご飯にかけたもの

  • 辛さ:すごく辛い
  • パクチー:入っていない

この料理好きなんですが、とにかく辛い!舌のヒリヒリが止まりません

美味しいから食べたい、でも辛い、という感じの料理です。

タイのコンビニのガパオライスも食べてみたのですが、すっごく辛くて食べきれませんでした…。

そして一見パクチーかと思う緑の葉は、名前にも入っている「ガパオ」という名のバジルです。パクチーが入っていることはないです。

トムヤムクン

トムヤムクン

海老や野菜、キノコなどの他に様々なハーブを使った、辛味と酸味の混ざったスープ

  • 辛さ:そこそこ辛い
  • パクチー:入っている

こちらは日本でも有名なタイ料理ですよね!

正直、店によって使っている食材がかなり違うので、辛さにも差がある印象です。

酸味が効いているので、すごく辛いという感じではないです。

パクチーは高確率で入っていて、その他にもクセのあるハーブがたくさん使われています。

しかしタイ料理の雰囲気を味わえる1品だと思うので、ぜひ挑戦してみてください!

カオマンガイ

カオマンガイ

鶏のスープで炊き込んだタイ米と、茹でた鶏肉のぶつ切りをのせた料理。甘辛いタレをつけて食べる(写真は揚げ鶏とのミックス)

  • 辛さ:辛くない
  • パクチー:入っていない

こちらも日本人の口に合いやすい料理だと思います。

通常タレがついていて、それが少しピリッとすることはあるのですが、苦手な人は使わなければ◎

パクチーは入っていないですが、セットのスープに浮かんでいる事があるので要注意!

ソムタム(パパイヤサラダ)

ソムタム

青パパイヤのサラダ。インゲンや干し海老、ピーナッツなどと一緒に叩いて和えたもの

  • 辛さ:死ぬほど辛い
  • パクチー:入っていない

ソムタムは本当に辛いです。こんなにも爽やかな見た目なのに死ぬほど辛い。

上の写真は「ノースパイシー」と頼んだものなのですが、それでも辛かったです。

その理由は…

このサラダは通常、壺のようなものの中に材料をぶち込んで叩いて作ります。
その壺は毎回変えるわけもないので、前の人が普通のソムタムを頼んでいたら、自分のソムタムも前の人の材料(辛味要素)が残っているため、必然的に辛くなります。

完全なる「ノースパイシーソムタム」は作れないシステムなのです。

でもパパイヤがクセになる食感で、ついつい頼んでしまう一品…

カオカームー

カオカームー

中国から伝わった料理で、豚足を八角(シナモン)などのスパイスの入ったスープでトロトロになるまで煮込み、ご飯に載せたもの

  • 辛さ:辛くない
  • パクチー:入っていない

こちらは八角(シナモン)が使われているので、台湾料理に似た味の印象です。

コラーゲンたっぷりなので、女性にもおすすめの料理!

辛くもないしパクチーも入っていないので、八角さえ大丈夫なら美味しく食べられる一品です。

クイティアオ

クイティアオ

タイ風ラーメン。もともとクイティアオとは米からできた麺を指すが、店ではたくさんの種類の麺、スープ、具の中から自分でカスタマイズして食べる

  • 辛さ:辛くない(種類による)
  • パクチー:少し入っている

この料理はタイの暑さにやられた時に食べることをおすすめします!

種類にもよりますが、スープは基本的にあっさりしていて、麺もツルッと食べられるので◎

ただ、最後のトッピングにパクチーが使われることも多いので、苦手な人は伝えましょう。

カオナーペット(ダックライス)

カオナーペット(ダックライス)

焼いた鴨肉とご飯に甘辛いタレをぶっかけたもの

  • 辛さ:少し辛い
  • パクチー:入っていない

こちらの料理も中華っぽいもので、タレがとても濃厚です。

鴨肉はかまぼこみたいなちょっと変わった歯応えですが、日本ではなかなか食べられない一品!

辛さも気にならない程度でパクチーも入っていないので、ぜひトライしてみてください。


いかがでしたか?

タイ料理と聞くと辛かったり、パクチーが入っている印象が強いですが、実はそんなことがないと知っていただけたかと思います。

ちなみに私はほとんどのタイ料理を、屋台ではなくフードコートで食べています。美味しく・安く・清潔なのでとってもおすすめです!

タイ旅行の際にはぜひ参考にしてみてください。